こんなに必要?銀行印。

イメージ画像

みなさん、こんにちは。
突然ですが、あなたは幾つの銀行印を持っているでしょうか。
自分で要らないと思っていても、
自然と周りからもらっているうちに大量に溜まってたりしないでしょうか。
実は私はその被害者です。
中学校の卒業記念でもらったものを最初にそこから段々と数が増えている状態です。
中でも、入社や誕生日でのプレゼントでそれなりに高い銀行印をもらいました。

なんだか、使いもしないのに、持っている銀行印はちょっともったいないですよね。
そんなに持っているならあなたは一体どの様に使うでしょうか?
私は、警察に身分証明を求められたときに使いましたが、そんな機会は二度と無いでしょう。
また、名字同じでもない限り、印鑑を上げる事は出来ませんし、売る事もできないのです。
そこら辺がちょっと困った事ですよね。

だから、いくらお金に困ったとしても、印鑑を手放してお金にする事は出来ないんです。
金印でもない限り・・・。
とにかく、歴史的価値でもあったり、
余程の記念品でもなければ銀行印がいらなくなっても売ることができないのです。
それだから、あなたがもしも銀行印を買うとなったときには、
よく考えて吟味して買うことを強くお勧めします。

それから、銀行印は必要最低限持っていればいいのではないでしょうか。
あんまりたくさん持っているよりも、1つのものを大切に長く使えばいいと思いますし、
もしも、新たに口座を開こうと思った時だけ買うなどの工夫をしてみるといいかもしれません。



このページの先頭へ